FC2ブログ

★シーソーゲーム/評価は結果だけじゃないって…

2010年12月03日 12:47

先日からこういう問題で苦慮しています。

経済や経営に明るい方、

どうかわかりやすく教えていただきたいのですが…





チームAは3人で
3億円を売り上げました。
支出は2億で、
純利益として
1億円会社に残りました。

チームBも3人でこちらは
1億円の売り上げを出しました。
支出は2000万で、
純利益として
会社には8000万が残りました。



この人たちを評価するんですが、

単純に言えば

Aの方が残してるお金や利益あたりの人員を考えると

評価は高いのかと思うのですが、

逆の言い方をすると

Bの方が支出は少なく利益率としたら高い。


チームAは一人当たりの純利益は3333万。

チームBは一人当たりの純利益2666万。

でも

チームAは33%の利益率

かたや

チームBは80%の利益率


安定度、安心度で言えば

Bの方が評価が高い場合もあると…

(ま、こんな単純な話じゃないですけどね)




世の中って難しいなぁ。

単純に3人で一億残したAの方が

僕は評価されるべきって思ってましたよ…。




算数苦手だけど

いろんな事考えなあかん立場です。

つらいわ。



BOKUNIHA
アドバイスとご意見、大歓迎



シーソーゲーム/Mr.Children

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
 ←1日1回ぽちっと応援してみて。今日のランクは何位かな? ランキング集計結果
初めてお越しいただいた方へ。 elan'blogおすすめ記事はこちらをどうぞ。 http://elans.blog67.fc2.com/blog-entry-713.html

コメント

  1. ゆっきーな | URL | -

    商経学部でーす。アホやけど。

    経費をリスクと考えて下さい。

    十倍のリスクを負担した割にはリターンは1.25倍。
    費用対効果からするとBチームの評価大です。

    確実性という意味とか他のリスクは考えない、単純な数字ですけどね。

  2. elan父 さんくす! | URL | -

    ゆっきーな : 商経学部でーす。アホやけど。さんへ

    アホやけどはよけいでしょ。

    わかりやすい解説ありがとうございます。

    あとは実際多額を稼いでたAチームのモチベーションを
    どうやってアップさせてあげるかが経営者の手腕と言う事でしょうか。

  3. MENKUI | URL | cclKp4mI

    ジンジ(人事)は、ヒトゴト

    取締役は、タイヘンやね
    「酩酊状態v-275での私見」なんで、そこんとこヨロシク!

    基本は、結果出したチームAは評価される

    1 翌期以降の利益に対する貢献状況
      「羽毛布団」の販売のような売り切りの業種では該当しないが、
      建材業や食品メーカー等の業種で、新規の取引先を多数開拓した場合、
      チームB程の純利益率が高ければ、当然高評価である。
      elan父勤務のデザイナー業(だったけ?)の場合、
      画期的なデザインの開発、画期的な商品の開発等
      「新たなビジネスモデル」を確立した場合、高評価

    2 期待利益に対しての貢献状況
      部門の仕事内容、クライアント状況等が、ほぼ同一として、
      同一部門の前年実績の売上、利益、利益率を比較検討し、貢献状況を検討
      チームAの部門が、去年の利益が2億円、今年が1億円
      チームBの部門が、去年の利益が2000万円、今年が8000万円
      の場合、チームBの方が高評価

    3 人的能力に対する期待値に対しての貢献状況
      ベテラン(高給な者)程、高い結果が要求される
      チームAのメンバーが、38才、35才、30才
      チームBのメンバーが、33才、25才、23才
      の場合、チームBの方が高評価

      メチャ自説v-73のマイナー理論です
      人を評価するのは、難しいしツライね

  4. hiro | URL | e5MtbXGQ

    ボクの感覚

    どっちも「エライ」と褒めてあげるけど違ったカタチの評価をあげる。
    小リスクで成果を挙げたBチームには
    「これからも地道に頑張ってね」と昇給で安定的評価。
    高リスクで高い成果をあげたAチームには賞与で1回ポッキリの評価。

    勤務時代に部下の評価を付けるときは、こんな感じでした。
    経済の勉強したわけじゃないんで昇給額や賞与の上乗せ額も感覚だったけど。
    こんな幼稚な上司で良かったのでしょうか・・・

  5. ケヴィンパパ | URL | -

    個人商店主の感覚

    そーか、組織って難しいなぁ。

    与えられてる条件が少なすぎる中でGood Adviceが貰えてると思います。

    と言う訳で、単純化して悪いけどチームスポーツ選手の年俸査定は参考にはならへんのかな~?

    見当外れだったらゴメン。

  6. elan父 ひとごとやないねんなぁ | URL | -

    MENKUI : ジンジ(人事)は、ヒトゴトさんへ

    もちろん私は両方評価します。
    ただ、やはり少ないリスクで利益を生んでるチームの評価は
    企業としては見逃せないポイントです。
    先日も得意先が倒産し、
    400ほどかぶってる現実を考えると切実です。

    チームAには売り上げはそのままに、利益率を上げる工夫
    努力目標として望む限りです。

  7. elan父 大変参考になります | URL | -

    hiro ボクの感覚さまへ

    もちろんどっちもえらいと評価してます。
    賞与での評価の仕方を考えてるんですよねー。
    どうしても結果だけ見るとAチームの方が収益あげてるんで
    それを評価に直結して欲しいとの声が大きいんですよね。

    そこを納得してもらっての評価判断が難しいんだよね。

    感覚にならざるをえない部分も確かにあります。
    クライアントからの印象も感覚的なものって多いですからね。

  8. elan父 皆様に感謝 | URL | -

    ケヴィンパパ : 個人商店主の感覚 さまへ

    そうそう、その話も出ました。

    ピッチャーと野手を同条件で評価できないでしょ

    という意見。

    ただ、そうはいってもチームとしての成績もある訳で…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elans.blog67.fc2.com/tb.php/444-f1e37eae
この記事へのトラックバック


現在の閲覧者数: にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
 1日1回押して!     ランキング参加中。
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

シェットランド・シープドッグ(シェルティー) ブログランキングへ