FC2ブログ

★すれ違いの純情   どっちが正しいかなんて言いませんけどね

2010年08月30日 22:50

さて

昨日のブログで

ボランティアの間での意思疎通のお話をしましたが

その後、二つの団体の間でざっくばらんなお話し合いをしました。

昨日のイベントは

子供たちに近いポジションの団体が主催、

子供たちが主役の『学校へ泊まろう』

というイベントと

地域の社会福祉協議会主催かな、の防災訓練が、

いろんな予算面などの調整から

一緒に組み合わされた複雑な構成になっていたイベントだったのです。

防災訓練


その中で,我々は実動部隊としてのポジションを確立しているのですが

1)両方のイベントを統括するプロデューサーが不在だったこと

2)各イベントの責任者が互いのイベントへの認識が希薄だったこと

3)私たちも情報不足で誰の指示で動けば良いかわからず動けなかった


ことなどで大変ストレスがたまる

しんどいイベントになってしまいました。

案の定

防災訓練は参加者からも不満噴出!

bousai

今回私たちは主催じゃないんであまり出しゃばれず、

指示を待ってたんですが、

指示を出せるような人は居ないので

なんかちぐはぐ。


煙ハウス

今回のイベントは

子供たちに近いポジションの団体の方たちも

「じぶんたちでやりたい」

という意識も高く、

「でもできない部分は手伝って欲しい」

「そんな都合のいいこと言ってたらいやがられるのでは」


…頼めないスパイラル…



という,気の使い過ぎから生じたものだったようです

そうとわかれば後はコミュニケーションなので

今後はきっとうまくいくんじゃないかとは思うのですが、


一つだけ、私個人とは視点の違いで相容れられない物を感じました。


それは、

私たちはイベントをする際に、

プログラムがあるなら,

それに見合った進行をするということを前提に運営するのに対し、

子供たちに近いポジションの団体の方たちは、

その場その場のイベントで、

子供たちが楽しければ、

多少時間がオーバーしても

子供たちの楽しさを優先させるという

スタンスで取り組まれていたことです。



そのため、私が必死で鳥取から帰宅し、

飯も満足に食わずにイベントに駆けつけ

なんとか滑り込めたものの

それから約一時間近くもの間、

待ちぼうけを食わされ、

その間、空調設備のない暑い教室で

これまた暑い段ボールの中に入って隠れてる私たちには、

前のイベントがどういう理由でどのくらい遅れてるかといった

サラリーマン社会では常識とされるような伝達や報告が

いっさいなかったということです。



これは各団体の特性なのかもしれませんが

私たちは,

『次に用意されてる方のこと』


まで考えることが常識なのですが

今回の主催者は

『今を優先』


するスタンスなため、

『つぎのこと』


の認識が希薄でした。


夜中1時2時を過ぎても寝ずに騒いでる子供たちに

私たちのメンバーは

「がつんと雷落とさせてください」

と主催者にお願いしたところ

『子供たちの楽しい思い出作りのため多少は大目に見てください』

的なことを

言われたそうで、

そんなこと言ってる時間帯でもないし、

翌日の行事予定もあるので

強制的に寝させなければならないと思うのですが

万事こんな感じ。


プログラムはどんどん遅れるし、

こちらには相談もないし…



案の定,翌日睡眠不足の子供たちは

防災訓練の講演中に集中力無くだらだらし、

校長先生にどえらくおしかりを受けていたそうな…


ちゃんと寝かせてれば

もっとちゃんとできたかもしれないのに…

学校での集団生活の中での行事なので

常識的な規律で縛っても何ら問題はないと私は思うのですが…


しかられたことだけが

思い出となって残りませんように…

すれ違いの純情 - T-BOLAN



関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
 ←1日1回ぽちっと応援してみて。今日のランクは何位かな? ランキング集計結果
初めてお越しいただいた方へ。 elan'blogおすすめ記事はこちらをどうぞ。 http://elans.blog67.fc2.com/blog-entry-713.html

コメント

  1. JINパパ | URL | -

    私達の地域の行事も各種団体が主催しPTAが協力って事が多々有ったりしましたが、強力なリーダシップで発言力、行動力、資金調達力、あらゆる方面への影響力の有るスーパーな自治連合会長が居てくれるので凄く助かります。その方のおかげで地域の行事全てがまとまり運営出来るようになりました。ですから主催が変わった行事も有りますけどね。規律には厳しい方ですから良く怒られますが、うちの娘達は大ファンなんですよその方の。イベントや行事を行うにはプログラムが必要ですしそれが考えた様に進む様にするのは当たり前ですよね。決められた枠の範囲で少々の事は有っても仕方ないですが、常識の範囲で納めたいですよね。どんな行事をしても大なり小なり不平不満を言う方は出ますが、結構逸脱したえごが目立ちます。

  2. elan父 私たちは縁の下の… | URL | -

    JINパパ さま

    そーですよねー。あらゆる方面への影響力の有るスーパーな自治連合会長さんは確かに必要なんでしょうね。
    特にこういう局面には。
    私たちのとこにもそういう方は居られるんですが、その方だけってのもまた問題で、
    今回はその方がご病気で補佐役が上手に機能してなかったようです
    そういう方が複数いてサポートし合えれば理想なんでしょうけどね。

    昔は怒られたら嫌だったけど、ある意味愛情の裏返しなんだとようやく最近になって感じるようになりました

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elans.blog67.fc2.com/tb.php/334-151e9d8e
この記事へのトラックバック


現在の閲覧者数: にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
 1日1回押して!     ランキング参加中。
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

シェットランド・シープドッグ(シェルティー) ブログランキングへ