★☆優しくなろう/大事なのはいつも♡。

2014年01月24日 19:30

赤ちゃんにきびしい国で

赤ちゃんが増えるはずがない。

akachan.jpg

FBで一日で35,000件ものイイネがついてたんで

見た人もあるかと思いますが



このコピーが目について

一瞬「なるほど」って思ってみたが

よくよく考えたらほんとに厳しい国か?

って思ってしまった。




満足かどうかは異論もあるかと思いますが、

今は企業では産休や育児休暇は認められてたりしますよね



比べることじゃないのかもしれないけど

私たちが子供の頃なんて

今よりもっと劣悪な環境の中で

子育てとかが行われてきたんじゃないのかな?



もっとさかのぼって

戦後間なしの頃なんてどうだったんだろう?


赤ちゃんに優しかったのか?




自分も三人の子供を育ててきて思ったのが

とても自分だけで育てられるものではなく

地域や親兄弟の協力があってこそここまでやって来れたのが

実感としてあります。




だからこそ今は、出来ることだけですが、

ボランティアで地域の子供のための活動の

お手伝いもさせていただいてたりするんですが、

そういう人たちがいて、

自分たちが支えられているってことに気づかず

自分たちの権利やなんやかんやを主張する人たちの多いことよ。




「赤ちゃんに厳しい国」って…

今を客観的に自分だけの視点に立って発言してるだけで

そう言ってる人は、

その国をよくしようと自分たちの出来ることを何かしてるか?





やれプライバシーだの自由だのと

自分の権利だけを振りかざし

一人一人が当たり前のように

地域やコミュニティを大切に考えないから

自分たちが被害者のように思ってしまうのでは




なんだかそういう風に思えてきた。





オリンピック招致でも活躍した

フェンシングの太田裕貴さんがこんなことを言ってました。



「日本人が勝利を重ねると

ルールが変わると文句を言う人がいるけど、

そんなことは問題じゃない、

問題は、ルールを変える側に日本人がいないことだ。

だから僕はルールを変える側に入ろうと努力します。」





異論ももちろんあるでしょうが、

私はオリンピックでメダルを取る人は、

さすがに考え方もすごいと改めて思いました。



視点です、ものの見方です。



冒頭に戻りますが


赤ちゃんに厳しい国で

赤ちゃんが増えるはずがない。




というコピーは「国」という言葉を使ってはいますが

それは「国」ではなく、

人々の心のことを言ってるのだなと。



もっと優しくなれ。

もっと出来ることを考え、実行せよ。


ってことなのか

DSC06361_20140124122128dea.jpg 


ただやはり現実に目を向けると…




今日は会社の新年会なので

珍しく電車で出社した私、

今朝もそうだったのですが

見ず知らずの人が

おしくらまんじゅうをしてるような満員電車に






ベビーカーを押して入れるか?




その中に赤ちゃんを抱っこして乗れるか?







うーん、やっぱり厳しい国なのかな。




この国は、どこから手を付ければ良いのでしょう?



とりあえず

自分からはじめよう。やさしくなろう。

そこからかな、出来ることは。


優しくなろう/橋本昌彦

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
 ←1日1回ぽちっと応援してみて。今日のランクは何位かな? ランキング集計結果
初めてお越しいただいた方へ。 elan'blogおすすめ記事はこちらをどうぞ。 http://elans.blog67.fc2.com/blog-entry-713.html

コメント

  1. シェリー | URL | -

    確かに。
    歳とったせいなのか最近感じるんだけど…、なんだか自分さえ良ければいい、他人は他人、自分は自分と「我関せず」な人が多いように思います。若い人に限らず大人もお年寄りも。
    多少お節介なぐらいが思いやりのある社会になって、子供が伸び伸び育つことが出来るのではないでしょうか。
    すいません、独り言です。

  2. elan父 | URL | -

    シェリーさまへ

    その独り言まったく同感。
    無関心が引き起こす
    嫌なこと怖いこと…
    ほんとは無関心を装ってみんな逃げてるだけ。

  3. 姪っ子1号 | URL | 7E2POfTA

    このコピーに

    哺乳瓶が使われてる時点で「赤ちゃんにきびしい」ってことよ。

    人々の意識から赤ちゃん=哺乳瓶の図式が消えない限り、ホンマに赤ちゃんにやさしい世界とは言えないのだ!

    なぜなら、赤ちゃんが享受できる権利を奪われてるってことやからね~

    でも、20世紀初頭の生江孝之が保護的児童の権利と国親的観念の確立についての考えを打ち出すまでは、親や大人の所有物やったし、子どもの権利条約ができたんも1989年やし、それからの20数年で日本の児童福祉もだいぶ改善されてると思うなぁ。

    でも、哺乳瓶はいかんわ、哺乳瓶は。産婆として許せぬ~。

  4. elan父 | URL | -

    姪っ子1号 さまへ

    流石産婆厳しい意見。
    そう言う視点に一般人はたてそうもないからねぇ。
    私らは普通に

    赤ちゃん=哺乳瓶って浮かんじゃうけどなぁ。

    赤ちゃん=おっぱい…ううう、そっちの方がいいかも…。(ぼんのうーー)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elans.blog67.fc2.com/tb.php/1947-f48251c6
この記事へのトラックバック


現在の閲覧者数: にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
 1日1回押して!     ランキング参加中。
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

シェットランド・シープドッグ(シェルティー) ブログランキングへ