★☆まぼろしFOREVER /記録に残らず記憶に残る事実

2013年01月05日 07:25

新年も4日目にもなると

たるみきった生活にも

多少の喝を入れんといかんと思い

elanが居たときと変わらぬ早朝6時の散歩を再開しました。

DSC01752_36442.jpg

31から1日は

人でごった返している住吉大社。

同じ時間なのに

まったく人が居ません。




一日一日は同じ一日のはずなのに

えらく待遇が違うものです。

まるであの人ごみが幻であったかのように…




そう言う自分も一日は

初日の出なんてのをわざわざ見に行ってましたけどね。

DSC01579_36259.jpg




さてその住吉大社から

少し離れた所の住吉公園で

いつもラジオ体操をして帰るんですが

その間にある

南海本線の住吉大社駅、

ここの駅に「幻のコンコース」ってのがありまして

正月三が日の間しか開かない通路があるんです。



娘が3日の日に撮って来た画像がこれ

maborosinokonko-su

いつもはこの前の四角い入り口は

シャッターに閉ざされております。


写真のはしっこにある看板にもあるように

年に三日間しか開かないので幻と言われております。




ちなみに改札はおっさん職員さんが手で集札されているそうです。




さて、幻と言えば

今年もelan家では正月の2日3日と

朝のはよからテレビにかじりついてみていた

「箱根駅伝」

作られた演出じゃないドラマがあるって言う事で

elan母と私、elan娘1号は

毎年ランナーの名前まで覚えるほど

見入っております。



昔はめったになかった途中棄権ですが

最近は競技のレベルが上がって来た為か

限界ぎりぎりで戦ってる選手が多く

今年も残念な事に2校が前半の区間で棄権となってしまいました。



団体競技なので本来はここで

その学校の参加権利はなくなるのですが

そのあとのランナーの記録は参考記録としか認められないと言う前提で

走る事を許可されています。




得てしてこういう時にドラマは起きるもので

前半5区でリタイアした中央大学の

8区のランナー永井秀篤くん(2年)が、

記録上では区間賞の青山学院大・高橋くんの1時間6分46秒を

36秒も上回るタイムで走破。


「誰も棄権しよう思ってタスキを途切れさせたわけではない。

本当のタスキはつながらなかったけど、

その思いは全員が共有していた


さらに

「この1年、ボクがしっかりやったことを出せました。

中大は強いんだぞ、というところを見せつけたかった」



とはあとでニュースに出てた文言ですが

こういう記録に残らない記録、

でもこいつは早かったんだと言う事実。



ある意見では

一度リタイアしたチームが走るのはOKでも、

記録はNOというのは中途半端で理不尽…


なんて事も言われ、


過去にも何度かこういうことがあり

そのたび論議されてるようですが




以前netに掲載されていたある方の意見、

理不尽にも思えるかもしれませんが、
そういうルールの中で、
学生のみなさんは納得して走っているのではないでしょうか?
その理不尽にも思えるルールがあるからこそ
生まれる感動もたくさんあるはずです。
どんなスポーツでもどこかで誰かが明確な基準を設けなければ、
公平な試合はできません。
箱根駅伝に出ている選手たちは、
箱根駅伝のルールを十分に理解しているからこそ、
仲間を思って、記録が残らなくても、
タスキがつながらないとわかっても
種類は各々違うでしょうが感動を得たり、
何かを学んだりするために1年間いろいろなものを犠牲にして
本選に出場しているのだと思います。
だから、私はルールには文句はありません。




elan父はこの意見に大賛成なんです。



ただ、今度は逆に

区間賞の青山学院大・高橋くん、

この人の立場や気持ちは微妙かなぁ…とも思えるんですよねぇ。



maborosi.jpg

幻でもいいので…

まぼろしFOREVER - スパルタローカルズ


関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
 ←1日1回ぽちっと応援してみて。今日のランクは何位かな? ランキング集計結果
初めてお越しいただいた方へ。 elan'blogおすすめ記事はこちらをどうぞ。 http://elans.blog67.fc2.com/blog-entry-713.html

コメント

  1. マァラスママ | URL | upu5k4PQ

    eian家も見ていたのですか
    箱根駅伝 面白いですよね。
    ここ10年楽しんでます。
    ブランド大学でなくても実力と、チームワークを見せつけられていてうちの子が出ていなくても感動と、目が離せません あ~あ今年の楽しみがまた ひとつ終わってしまった・・・・

    この後来る イベント待っていよう~と・・・・(笑)

  2. マロ父さん | URL | -

    箱根駅伝にそんなドラマがあったとは…
    知らんかった。

    私は専らボウルゲームでして。
    高校では東福岡がまさかの敗退。
    ライスボウルでは勝ったと思った残り1分での逆転負け。

    いやぁ、スポーツには色々ドラマがありますな。
    厳格なルールとか共有する気持ちとかは相反する事のように考えがちですが
    そうではないように思います。縛りって案外大事です。

  3. elan父 | URL | -

    マァラスママ さまへ

    はい、見てました。
    収録され編集されたお笑い番組より
    生のドラマがあって楽しいです。
    私んちも10年では効かないですね、結婚前からかなぁ…
    余談ですが
    沿道で変なプラカードもって応援してるアホも見てて楽しいです。
    今年のヒットは権太坂でパフォーマンスしてた白い全身タイツの4人組。
    わからんだろうなぁ…。

  4. elan父 | URL | -

    マロ父さん さまへ

    ハマる人はハマるんでしょうね.たぶん。
    うちは高校サッカーも見るんでテレビが足りないくらいです…

    アメフト…見れば面白いんだけどなかなか見る機会がないですね。

    そうそう、スポーツには縛り(ルール)がやっぱり要るんですね。
    F-1なんてその最たるものでフォーミュラ=規定ですもんね。

  5. まるてん | URL | Fx0Y/14o

    今年は違う目線で見てましたわ。
    何回泣いてたか…>_<…

    毎年、色んなドラマがあますよねぇ。
    この競技、箱根駅伝だけのルールがあるからこそ生まれてくるドラマですよね(^^)
    タスキを繋ぐって事を必死に守ってるのは、走ってる学生達!
    これからも、伝統を繋げてもらいたいですねぇ(^∇^)
    外野は黙れって感じやね(;^_^A

  6. elan父 | URL | -

    まるてん さまへ

    やっぱりランナーともなると違いますねぇ。
    ランナーの視点ですか…

    ルールはルールとして変えないでほしいですよね。
    来年は学連選抜がなくなるんだってさ。
    私は密かに学連選抜が区間賞や優勝しないかなって応援してるんですが、
    来年は無いって聞いて愕然とした…。

    そんなルールに変えんなよ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elans.blog67.fc2.com/tb.php/1427-3aef1cf9
この記事へのトラックバック


現在の閲覧者数: にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
 1日1回押して!     ランキング参加中。
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

シェットランド・シープドッグ(シェルティー) ブログランキングへ