FC2ブログ

★東京タワー /elan父、ココロ洗われたある一節の文章。

2012年08月28日 18:30


自分の文章じゃないんですが

elan母から勧められ

ちょっと感動した文章があるんで紹介させてください。



以下引用。

 

DSC03963_25749.jpg
スカイツリーじゃない方なんだけど


年老いた母に東京見物をさせたいと思った1 人の女性が、

東京のリッツカールトンホテルに予約の電話を入れました。



その女性からの電話を受けたホテルの予約担当者が

宿泊日や宿泊人数などを確認している時に、

その女性から

「母に東京見物をさせるために予約をしている」

ことを聞きました。



その女性のお母さんは

今は故郷で生活をしているのですが、

若い頃に東京で働いていたことがあるそうです。

勤めていた所は、

東京タワーのすぐ近くの浜松町。


いつも東京タワーを眺めて

若い頃を送ったのでしょう。


年老いたお母さんが遠くへ出かけられるのは

これが最後になるかもしれないと思ったその女性は、

お母さんの誕生日に

東京での滞在をプレゼントしたいと思ったのだそうです。



リッツカールトンでは、

お客様がホテルに何を求めておられるか

をできるだけ正確に知るために、

予約電話で20分以上も話をすることがあるそうです。



ホテルの予約担当者は、

その女性から一通り話を聞いた後に、

「今回、どうしてリッツカールトン東京を選んで下さったのですか」

と聞きました。

すると、ある雑誌に

「東京タワーの見えるホテル」

としてリッツカールトン東京が

紹介されていたことが分かり、

予約担当者はその女性の宿泊希望日の

予約状況を確認しました。



しかし、

東京タワーの見える部屋は全て予約が入っていました。

その女性から

「東京タワーの見える部屋」

と指定されたのではありませんが、

予約担当者は次のように答えたそうです。



「お客様、大変申し訳ありませんが、

あいにくその日はお客様にお勧めしたいお部屋は

全て埋まってしまっています。

しかし、芝公園に東京タワーが良く見えるホテルがございます。

そのホテルでしたら

お客様のご希望に添えるのではないかと思いますので、

そちらのホテルの担当者に

私からお客様のご希望を伝えて、

そちらからご連絡をさせていただくようにしたいと思うのですが、

いかがでしょうか。

きっと、お母様に喜んで頂けるお部屋を用意して下さると思いますよ」

と。



そしてその女性とお母さんは

芝公園のホテルに宿泊することになったのですが、

当日、その女性が部屋に入ってみると、

テープルの上に

リッツカールトンホテルの記念品と共に、

メッセージカードが置いであったそうです。


「このホテルのお部屋からは東京タワーだけではなく、

リッツカールトン東京も良く見えますので、

手を振ってくださいね」



リッツカールトン日本支社長であった高野登さんの著書、

「リッツカールトン、一瞬で心が通う『言葉がけ』の習慣」


に掲載されているお話です。



著者のコメントに、

「お客様に心から喜んで頂くと言うことはどういうことか。

そのお客様に最高の時間を過ごして頂くために

自分にできることは何か。

それを考える時に、自分の立場や目の前の利益と言った

『心の制約』をはずして考えると、

お客様の視点に立ったご提案ができます」


と書いてありました。


「今回はリッツカールトンを利用して頂けない

という結果にはなりましたが、

お客様との聞には目に見えない信頼が生まれています。

それを信じて、お客様に尽くすと言うこと。

一見遠回りのように見えますが、

それがお客様との紳を築いていく近道でもあるのです」。





意識するのは、

ライバルのホテルのことでも目の前の利益のことでもなく、

「どうしたらお客様に喜んで項けるだろうと言う1 点だけ」。

できそうでできないことです。






DSC05300_27180.jpg

こう言ってるように見えるんだけど

何も食わない…


東京タワー - HEARTS


関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
 ←1日1回ぽちっと応援してみて。今日のランクは何位かな? ランキング集計結果
初めてお越しいただいた方へ。 elan'blogおすすめ記事はこちらをどうぞ。 http://elans.blog67.fc2.com/blog-entry-713.html

コメント

  1. マァラスママ | URL | upu5k4PQ

    はじめまして

    初めて、コメントしてます。 いえ、時々は、のぞきに来ていたのですが・・
    闘病中のエラン君の、邪魔は、してはいけないと、遠巻きに見てましたが、
    今日良いお話を読ませて頂き サービス業の心根に心打たれました。

    有難うございます。 わたしは、2年ほど前に シェル雌ランティを、18歳と9ヶ月で、(老衰)で、亡くしました。その頃の介護時代を思いだされます。
    どんな亡くなり方でも悲しいです。悔みます。
    エラン君 まだまだ若いんだから・・家族にいっぱいわがまま聞いて貰いなさいよ。
    そして、好きな物満足いくまで、食べちゃいなさい。
    シェルティらしく生きて行こうね。

        余計な事言ったと思いますが、ほどほどに無理なく頑張ってください
      失礼しました。    ランママ 今は、マァラスママ

  2. マロ父さん | URL | -

    まさしく「クライアントのために、クライアントの意思に沿って」ですね。いい話です。
    傾聴するのはクライアントの話したいことであり、ともすれば自分の聴きたい事だけを聴くモードなっていることを反省しなければと思います。

    elan君のやりたいようにやらせてあげることが一番なんでしょうね。

    私の祈りなどはもう届かないほどの事態なんだと思いますが
    あえて祈ってきます。

  3. hiro | URL | e5MtbXGQ

    素敵な話

    久しぶりに胸をうつお話に
    感動させていただきました
    見習いたいですね

  4. elan父 | URL | -

    マァラスママ はじめましてさまへ

    はじめまして。
    元気の出るコメントありがとうございます。
    18歳と9ヶ月ですか。
    うちもそのくらい生きてもらうつもりだったんですけどね。
    今ならわがまま何でも聞けそうですけど、
    我慢強いのか控えめなのか
    わがまま言ってくれません。
    言ってるのかさえもわからない無力さに
    眠れない毎日です。
    応援ありがとうございます
    最後の瞬間まで希望を捨てずにみてあげたいと思っています。

  5. elan父 | URL | -

    マロ父さん へ

    たまにはいい記事乗っけるでしょ。
    記事的には
    シェルティブログでも
    お家ブログでもないけど…。

    いえいえきっと何か感じてるはず。犬の能力は甘く見られません。

  6. elan父 | URL | -

    hiro : 素敵な話様へ

    時々真面目モード。
    それよかいいとこいってましたね。川遊び、うらやましい。
    実はライフジャケットもヘルメットも持ってて
    ラフティングとかも行ってたんだよ、私。
    何度か死にかけたけど…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elans.blog67.fc2.com/tb.php/1247-fd23bd5c
この記事へのトラックバック


現在の閲覧者数: にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
 1日1回押して!     ランキング参加中。
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

シェットランド・シープドッグ(シェルティー) ブログランキングへ