FC2ブログ

★絶望と希望/ここ数日の心の葛藤

2012年06月03日 06:35

昨日は500件を越えるアクセスをいただき

elanを応援してくれている方が

こんなにもいる事に
(勝手に応援してもらってると思っておきます)

改めてあたたかいものを感じたelan父です。


みなさんありがとうございます。


ここ数日elanは投薬の効果か

出血もなく元気です。

少し呼吸がしにくいようで口を開け、

散歩でたちどまることはふえているものの

普段と変わらず過ごせています。

DSC00568_22247.jpg

さて今日の記事は昨日の続きで、

休載中に記録してた物になります。



今日は長いよ。



↓↓↓↓↓続き↓↓↓↓↓



即日主治医に見ていただくためにelan母が仕事の合い前を使って近くの病院へ

その頃は出血も止まり

たったか歩いていそいそと病院へ行ったそうです。

ただその日は結構気温の高い日で

病院で測っていただいた所、血圧が結構高かったようで

先生は

「やはり何かがあるけど、こんな状態なんで触らずに止血剤で様子見ておこう」

と言う事になりました。



薬をもらって病院を出たとこで

突然の結構な鼻血がどどっと出たようで

偶然動物病院のお客さんが気づき先生を呼んでくれ、

先生も外まで出て来て処置していただいたそうです。



elanの熱もあったみたいで

首筋を冷やしたり

家からelan娘2号にペットボトルに入れた水を持って来てもらって

道路を洗ったりとelan母にとって大変な一日になりました。




その後、投薬の効果か、落ち着いた状態には戻りましたが…



ただ、「このままではいかん」と言う想いが私にはあって

対処だけではなく抜本的な何かが必要と思っていたこの頃でした。




5/26

待ち遠しかった週末。

どうしても気になるelanの鼻

確かな答えを求めて

朝から昔からelanがお世話になっていたA動物病院へ。

朝の8:15に医院前で予約受付との事で

バイクで予約取りに8時に家を出たんですが

なんと8番目。



いい病院は人気がある。

ここは最近になって午前しか診療が行われないので

足が遠のいてはいたんですが、

すごく良心的で頼りになる先生。



診察は10時過ぎとの事で

その頃に娘1号とともに診察へ。

001open.jpg

経緯を一通り話し、

主治医さんでいただいてる薬も確認していただき

「うーん、わからんのもあるけどこれはこういう薬ですねぇ、なるほど…。」

おおむねうなづきながら薬を確認する先生、


診察台にあげたelanを見たお医者さんが

「このふくらみは骨を溶かしてでて来てるんでしょう、

だから鼻血が…ただ、経緯はゆっくりなんで…」


がーん!骨を溶かしてる!?

「これはうちでは手に負えません、こういう事なら関西なら…」


と言う事で数件の病院と玉造のVR医療センターを紹介していただきました。




その際にA動物病院の先生が

「美味しいもの食べさせてあげてくださいね。今日は料金は要りません。」

とおっしゃったのがとてもショックで、

自分でも血の気がひいていく気分でした。




紹介していただいた病院のそのうちのひとつが、

以前ナースをしてる姪の友人(アフロ犬の主)

が紹介してくれたところだったので

わらにもすがる思いでグレイス動物医療センターの扉をたたいた次第です。




他の所は手術は可能だがCTなどは別の所とかなので

一刻を争うかもしれない現状を考えると院内に設備のあるここが

すぐに対応していただけるであろうとの思いでした。



優しそうな目をした院長、

こちらがあきらめかけていてもなんとか生かす道を見つけようと

細かな手がかりまで聞いてこられます。



ここでも当然一通り経緯は話したんですが

CTで確認前に、全身麻酔に耐えれるかどうかをチェックするため

血液検査とレントゲンを撮りたいとのこと。

その検査でもし腫瘍などで他の臓器、とりわけ肺や心臓に転移があれば

処置しても無駄なのでCTを撮る必要もなくなるとの事。

結果はすぐに出るのでそれを見た上で判断しましょうと

実に明快にステップを説明いただいて

こちらの不安を解消するとともに決断に至る助言をしていただきました。



ほどなくして

レントゲンでも内蔵や肺、心臓などに転移などがない事が確認され

血液検査では肝臓腎臓の数値が若干高い物があるものの

先生としては大丈夫な範囲との言葉を信じ、

次のステップに進む決断がつきました。

0013625663.jpg


5/27

一泊2日で田舎の母親の見舞いと世話をして、

とんぼ返りで帰って来たelan母を迎えに行き、

昨日の経緯をつぶさに話す。



「elanは私たちにいっぱい癒しや安らぎをくれるけど、

私たちがこの子にしてあげれるのは果たして手術などで体を切り刻んだりする事なの?」


「自然にしておく方がいいって言う選択肢は?」


薬でじんわり抑えながら犬に負担のないように進行を抑える

治療法を推奨するI医院の先生の考えに近いelan母。



当然私だって過度な医療は反対である。

が、助かるものを見殺しには…



自然に生きる、寿命、延命…様々な意見と心の揺れ。




この頃になっては手術をいとわない私と自然な形をのぞむelan母、

命についての考えも時と場合で変わってしまう一貫性のない私。





父親、母親、姉と皆ガンでなくして来たが、

その時々で思いは違う物があり、

また選択肢もないと言うのが常だったからでしょうか。





夕方になり、診察前にelanの散歩に出るが

あっちへうろうろこっちへうろうろ

診察へ行く時間もあるんで散歩も早々に切り上げ

病院へ。

00133232.jpg

elan母とふたり、ロードスターで約15分

車のいつもの場所でまどろんで風に吹かれるelan,

17:30頃受付をすまし、

すぐに病室に引き取られて行くelan.



全身麻酔の際に万が一目覚めないことがあっても一切不問に

と言う書類にはんこをついて

elanを送り出す。




何も不安そうな顔もせず、

細身の綺麗な獣医のお姉さんにしっぽ振ってついてくelan。



まったくこっちの心配はわかってるのかよ…




全身麻酔後、2度のCTスキャン
(通常状態と血管造影剤投入時を比較)

から覚醒させてからの引き取り。




それも外来の診察が終わってからの施術との事で、

連絡は20:00前後との事。




ちゃんと目覚めますようにと祈りながら

ふたり病院をあとにしました。







いつもならどこかに居るものが居ない我が家は

なんだかいつもと何かが違う

こういう日もくるんだなと実感しながら待つ夕食。



テレビを見てもなんだか空しく

約束の20時すぎても連絡がない。

嫌な胸騒ぎ。

気がつけば21:00

「麻酔から目が覚めないのか?」

「おそすぎるんちゃうん」

高まる不安感

こういう時悪い方に悪い方に考えてしまう、

テレビのバレーボールにも熱狂する気にもなれず

妄想だけがふくらむ頭の中…

21:13、ようやく連絡がありすっ飛んで行きました。




朝ご飯食べてそのあとお昼から水も飲ませてないelan

その割にはしっかりした顔つきで看護士さんに抱かれ

戻ってきました。

0015454_20120603072144.jpg


麻酔からの覚醒がまだまだおぼつかないelan ですが

顔をすり寄せて来る。




そこで受けた画像診断での状況は

右の鼻の奥から目の後ろの部分にかけて

「何か」
が詰まっている状態。

血管造影材を投入前と投入後撮影されてて、

その両方を比べてみせていただいたんですが

悪性の腫瘍なら詰まっている部分に血液が充填されてるのが

映るはずとの事だったんですが

elanの場合、「何か」が詰まってはいるんですが

腫瘍とはこの時点では断言できないとの事。



若干の骨の破壊等はあるものの、構造体は残ってるようで

例えはおかしいかもしれないけど「カビ」のようなものが

はびこって鼻の中の空間を占拠してる可能性が高いとの事。



その成分を分析して切開して洗浄消毒すれば大丈夫じゃないかと

当日おられた複数の医師で検討しておっしゃってはいるんですが、

念のため画像分析の専門家に依頼するとの事。



さらに細胞も採取されてて、

そこからも効力のある薬を探すというお話を聞いて帰りました。



この時点で希望は出ては来ましたが

まだ最悪の事態も否定できない状態なんで

複雑な思いのまま病院をあとにしました。




かわいそうに、麻酔からすべての機能が回復する夜中12時回るまでは

食事も水も与えちゃダメってことで

いつもなら水のタンクがある前でじっと一点を見つめてるelanが

たまらなくいとおしく見えました。

00178.jpg


5/28


ほぼ一日ぐっすり眠っている状態。

昨日の全身麻酔の影響かプレッシャーか…。

検査で鼻の組織を傷つけた事もあってか所々に血痕が落ちている。


目はしっかりしているが

体はトローンとした状態。


やはりゆっくりぐったり一日を過ごし、

朝のお散歩も無理せず近所を徘徊してうんこしたとこで引き返して戻ってきました。



ただお家に帰ったら元気で

誰かが食事してる横の椅子にはきちんと座ってると言う

今までと何ら変わらぬelanが居ます。


0013640.jpg

仕事をそうそうに切り上げ、

最終受付に間に合うように病院へ。

病院で昨日の結果や今後の対応を相談に。

先生は

「私はきっと腫瘍じゃなく、削除と洗浄で元気になると思う。」

とおっしゃってくれているんですが

最悪の想定もしなければならない。

「もし腫瘍とかで削除不能ならどうなるんですか」

「持って…三ヶ月くらいでしょうか…。

腫れも大きくなって顔が変わって来てそれはかわいそうな事に…」



と先生までもつらそうな顔に。



当のelanはきょとんとした目で転がってる。

目に力はある。

こいつはきっと大丈夫なはず。

そう思わせる何かがelanの目にはありました。



これまで他の医院でいただいた抗生物質で

血が止まってた事も先生の確信を後押ししてるようで

腫瘍ならその対処は効果が薄いとか。

止血と抗生剤をもらって帰りました。



それにしても毎晩10時を回ってまで

熱心に患者と家族に向き合っていただける医療スタッフには

まったく脱帽の思いです。


5/29


少しだけ出血は見られたものの

昨日の抗生剤の効果か

ほぼ止血に成功してる模様。

マズルの腫れは高さが出て来たように思います。

001364.jpg

朝の散歩はいつもよりスローペース。

散歩のルートを変えてkevin 母が待ってくれていました。

一応の経過説明をして住吉大社の太鼓橋前で別れて帰路に。


朝の便はやや黒かったものの

夕方の散歩時は綺麗な便だったらしい。

昼間に鳴った雷に怖がって階段を上がったり下がったり

落ち着かないとelan娘2号がラインで知らせてきました。



5/30

相変わらずelanのお鼻の腫れはひきません。

が、

抗生物質の効果があるのか

それまで表面が黒かった便が

綺麗なうんこ色の便になっています。

食欲は相変わらずですが

散歩はゆっくりゆっくり。

001654_20120603072042.jpg

5/31


今朝は2階の寝室まで起こしに来たelan

やはりくしゃみが多い。


散歩に出ると相変わらず変速機付きの自転車にガウガウ!

元気ではあるが呼吸は苦しそう。

パグのような「がひーがひー」と言う呼吸音

相変わらず嗅ぎまくってはいますが…

00199.jpg

途中でお会いしたジュニア。

愛想を振りまきまくりますが

elanは動きの早いものがうっとおしいんで

遠巻きにそーっとやり過ごします。

0018897.jpg

住吉大社でお参りをして引き返し

好物のジャーキー巻きガムをあげると

あわてて食い過ぎ、呼吸が苦しくなったのか

「がひーがひー」と過呼吸のような状態になり

食ったもの戻してしまいました。


片鼻が詰まってるんで慌てたらあかんようです。



すぐあとでご飯をあげたんですが

今度は落ち着いて食いました。



夕方、娘が散歩に連れ出した所

家の近所から離れず、

歩こうとしないと言うelan、


かなりしんどいんでしょうね。


6/1

早朝5時に起こしに来るelan.

昨夜1時過ぎに帰宅して睡眠3時間の父の横で

「がヒーがヒー」と例の過呼吸のような状況になる。



どうしようもなく背中をさすってあげたりするが

ケロッとした顔をして「散歩行こか」って顔してる。



そんならと散歩に出たけど最初だけとっとこ歩くが

あるとこでぴたっと止まって動かない。


001695_20120603072041.jpg

一般住宅の前でうんこさせるのは気が引けるんで

抱っこして(過保護)住吉大社まで。

ほんの2-30mですが

大社まで来ればまたとっとこ歩きます。



今日も快便。

ただ、くしゃみしたら鼻水にやはりうっすら血の色が…。

早く来い来い次の診察日。




そんな日に突然病院から電話。

残念な事に悪性腫瘍だったらしく

手術はやはり無理らしい。


その話を仕事中にelan母から聞き、

まるで砂時計の砂が落ち始めたような感覚を覚えた父です。



そして書いたのが2日前の記事と言うことになります。


絶望と希望 - 川嶋あい


長々と書き綴ってすみません。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
 ←1日1回ぽちっと応援してみて。今日のランクは何位かな? ランキング集計結果
初めてお越しいただいた方へ。 elan'blogおすすめ記事はこちらをどうぞ。 http://elans.blog67.fc2.com/blog-entry-713.html

コメント

  1. happyパパ | URL | -

    そうでしたか…。非常にお辛い思いをされていることと思います。

    散歩が好きだと思いますが、なるべく控えめになさってはいかがでしょうか?

    うちのラッキーもお星さまになる半年前に歯茎から原因不明の不正出血がありました。

    お星さまになる2~3か月前には肝臓・腎臓の数値がかなり悪く、入退院を繰り返しました。

    先生に、散歩を控えるよう言われました。薬を飲みたがらないラッキーのマズルを上にして無理やり飲ませたりした時はとても辛かったです。

    『ごめんなっ、ラッキー。例え1分、1秒でもいいから長生きしてほしいし、ラッキーもそう思うやろ。』と言いながら…。

    お星さまになる1週間前には顔がむくんでいました。
    また元気になってくれるという望みもあって、入院させました。
    2年前の4月5日の早朝、お星さまになったと電話があり…。
    後悔と虚しさが残りました。

    在宅で看取ってやれば良かったのにとか、散歩を控えるよう言われてたけど、ラッキーがどうしても散歩がしたいとせがまれて連れて行ったこととか、しばらく辛かったです。

    どうでもいいことを書いてしまいました。ごめんなさい。
    何が言いたいかと言えば、elanちゃんと、 elan'sふぁみりぃと残された時間を大切に過ごしてあげることなんですが、上手く表現出来なくて…。

    とにかく、最初にシェルティーネタで交流を持てたelan ちゃんのことが大好きで、気にならずにいられません!! どうか僅かな時間でも長く生きてくれますように!!!

  2. どぎゃんでんちゃん | URL | -

    おはようございます。

    エランちゃんの事、お察しします。

    ご家族が悩んでだされた結論は、結果がどうであれ一番正しいものだと思います。

    懸命に考え、懸命に行動すれば、後悔はありませんよ。

    物言わぬエランちゃんだからこそ、気持ちは心に届きます。

    どれだけ可愛がっても足りないとは思いますが、エラン家に来たエランちゃん、最高に幸せですよ。

    間違いなし!!!!!!

  3. 謎の人物 | URL | -

    父殿
    (>_<)(>_<)(>_<)(>_<)( T_T)(T ^ T)
    父、お辛いですよね。・°°・(>_<)・°°・。
    お察し致します( i _ i )エランちゃんとの
    これからの時を一緒に大事にされてください( ; ; )
    お心を察したらこれ以上はもうせません( i _ i )
    エランちゃんが出来るだけ辛くないように願うばかりです(>人<;)

  4. マロ父さん | URL | -

    50代半ばにして、私にはまだ「死生観」のようなものが備わっていません。
    自然と備わるものなのか、積極的に働きかけるものなのかわかりません。
    宗教による処が大きいのかもしれませんが、これといった宗教との関わりもなく。
    ペットは「虹の橋」で待っていてくれるという詩がありますが、そうなんや とは思いますが
    共感的に理解する事、すーっと心に落ちるにはなかなか…。

    もし私がelan父 さんの立場なら、ジタバタして不安で怒って落ち込んで。
    そんな感じが続くように思います。ただ、最近その当人のことを慮るという事が
    少しわかってきたような自覚もあり。また脱線ですね。

    残されたであろう時間を今まで以上に濃密に一緒に過ごすことなんでしょうか。
    でも逆縁は辛いっすね。(人間の年齢で言うとelan君の方が上なのかもしれませんが)

  5. SHIMACO | URL | n3C3tgxw

    そうですか・・・・。
    いつかそんなことがやってくると思っていても、
    どんなに覚悟をしていても、見送る側はツライものですね。
    どうか、苦しい思いをしないように、コワイ思いをしないように
    祈っています。
    ニンゲンはゲラゲラ笑っていると免疫力があがるんだそうです。
    わんこは、いっぱいかわいいかわいいをしてあげるのがいいのかも。
    エラン!いっぱいわがまま言いなさい。
    おにいちゃんの食べてるパンも、おねえちゃんのケーキも
    奪い取って、おとーさんを叩き起こして、にこにこ笑顔で過ごしてください。

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. ぼんぼん | URL | -

    毎日ブログを楽しみに拝見していたアフロ犬のものです。突然のブログのお休みにはこんなにつらい理由があったなんて。私もあの時からelanちゃんの大ファンなので、つらすぎてナミダがとまりません。なんて申し上げていいかわかりませんが、elanちゃんは、大切に大切にされ、毎日家族を笑顔にすることや、家族の笑顔をみることが一番の幸せだったと思うので、余生を今までと変わらね優しい笑顔で見守ってあげてほしいと思います。実際、私が号泣してるくらいなので、そう簡単には…と思いますが。アフロ犬たちいつでも応援団しにいきます!!父ちゃん頑張ってください!

  9. ケヴィンパパ | URL | -

    解ってはいるけど…

    そうですかぁ。

    私たちも過去に2度の経験をしましたが、
    こうすれば、こう考えれば等と申し上げる事は出来ません。ゴメンなさいね。

    彼のお蔭でお知り合いになれたことに感謝します。

  10. MENKUI | URL | -

    残念です

    でも
    elan君は、その辺のオジサンよりよっぽど家族や知人、blogリーダーに
    愛され
    大切にされ
    心配されてる
    家族の様に


    生きとし生けるものは全て死ぬ
    elan君、今は元気
    自然体で~

  11. 元気あね | URL | -

    辛いですね…

    ショックです。

    お会いしたくて土日太鼓橋付近にいきましたがタイミングが合いませんでした。

    気になっていました。
    うちも過去にヨークシャーテリヤと柴を飼ったことがあるのでお気持ちはわかります。

    先日、元気が普段とはあまりにも様子が違うので病院に行き検査を受けました。
    原因は4月末に父が亡くなったことによる
    精神的なところからきたものでした。
    それでもその検査結果がでるまでの間
    胸が詰まる様な思いでした。
    エランちゃんの事を知りあまりにもショックでいたたまれない気持ちです。
    せめて痛みがなければいいんですが。
    すみません言葉になりません。





  12. elan父 | URL | -

    コメントをいただいたみなさまへ

    いつも愛のこもった応援いただいているhappyパパ様、
    zaqの時代からお世話になってるどぎゃんでんちゃん 、
    口調でわかる謎の(bass彦)様
    同世代でしかも子どもとシェルティと二つのつながりのあるマロ父さん、
    なかなか仕事で関わりのなくなって来たSHIMACO様。
    関東地方の鍵コメさん、
    同じく横浜の鍵コメさん、
    アフロ犬のぼんぼんさん、
    毎朝奥様とご一緒させていただいています、ケヴィンパパさん、
    この間はいけなくてごめんねMENKUI様
    待ってていただいたのにお会いできなかった元気あねさま
    他にもTWITTER,FACEBOOKなどでのコメントいただいている方々。

    みなさん心温まる応援ありがとうございます。
    家族の皆に、
    「お父さんの文章よりコメントみたら泣けて来る」
    って言われています。

    今日病院へ行ってきました。

    その顛末はまた書きますが
    みなさんに応援していただいている私たちは幸せ者です。
    出来る事は少ないかもしれませんが
    残された時間目一杯を精一杯みてあげたいと思います。
    報告しにくいこともあるかもしれませんがそこはご容赦ください。
    折れそうになる気持ちをみなさんに支えられてるように思います。
    本当に勝手なお願いですが
    どうかこれまで同様にELANを応援してやってください。

  13. JINパパ | URL | 17ClnxRY

    こんな時に申し上げられる事は少ないのですが、先代犬を亡くして4年半の経験談として
    読み流して下されば幸いです。人間は欲深い生き物です。ですから、あの時こうすれば
    良かったなんて出来もしない事考えます。でも人間以外の生き物はあの時こうして欲しかった
    なんて事考えないでしょうね。大好きな家族と一緒に一瞬一瞬を暮らすだけで幸せなんです。
    いつも通りの家族と、いつも通りに過ごせるまで過ごす。それが幸せなのでしょうね。
    人間以外の生き物は毎日の日々を生きる事に精一杯で心折れる事無く自分の残された時間を精一杯
    生きますから、人間も心折れずに最後まで奇跡を信じ、精一杯無理せず出来る事をして出来るだけ
    いつもの様に暮らしてあげて欲しいです。これから先をおまけの犬生って位の気持ちで毎日、今日も一緒に過ごせてありがとう!明日もたのむよ!そしておまけの犬生を笑顔で楽しく過ごしてやればおまけの犬生が最後の素晴らしいelan君の想い出になってくれるでしょう・・・
    いわゆるペットロスに陥り後悔と懺悔の気持ちの私に夢枕で先代犬が教えてくれました。「僕は十分幸せだったのに悲しまないで。そして後悔なんてしないで。だって僕はここで家族と暮らせて幸せだったのだから。僕のせいで悲しむ家族を見るのは辛いよ。僕との楽しい思い出を笑顔で話してくれる日を僕はずっと待ってるよ」

  14. elan父 | URL | -

    JINパパ  さま

    残りがわかるからこそ気持ちも違って来て
    10年越えたときに1日ずつ大切にしなくちゃと思ったんですが
    まさかこんなことになるとは思ってなかったですね。

    今朝も笑顔で起こしに来て
    笑顔でご飯食ってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elans.blog67.fc2.com/tb.php/1134-51df996a
この記事へのトラックバック


現在の閲覧者数: にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
 1日1回押して!     ランキング参加中。
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

シェットランド・シープドッグ(シェルティー) ブログランキングへ